びちゃBLOG

ポケモンの構築記事や育成論をUP予定です。

【S9使用構築】最終112位/rate2064 -欠伸カバAceキッスwithミトムバーン-

f:id:bicha_178:20200901150205p:plain

【はじめに】

初めましての方は初めまして。YouTubeでマイペースに動画投稿しているびちゃです。

構築自体は完成度は高いと思っており連敗などもせず、安定して勝てていたので満足しています。

ただ、最終日に勝ちきれなかったので悔いは残りました。

www.youtube.com

 

【構築経緯】

  1. 構築の軸となるポケモンを色々考えていたところ、食べ残し持ち"欠伸+悪巧み+守る"採用のトゲキッスf:id:bicha_178:20200702175815p:plainが『Ace』+『サポート』+『ダイマ枯らし』と多くの役割を持ち、幅広く柔軟な立ち回りができることからトゲキッスf:id:bicha_178:20200702175737p:plainを軸とすることに決定した。
  2. トゲキッスf:id:bicha_178:20200702175815p:plainの欠伸と相性が良く、抜きエースとして運用していく際にステルスロックを展開できるポケモンとしてカバルドンf:id:bicha_178:20200702180130p:plainを採用した。
  3. カバキッスf:id:bicha_178:20200702180130p:plainf:id:bicha_178:20200702175815p:plainが欠伸を展開していくため眠らせた際や、対面操作をし有利対面を作った際の抜きエースとして威嚇の影響を受けず制圧が可能な命の珠ドラパルトf:id:bicha_178:20200901035902p:plainを採用し基本選出のカバキッスドラパが完成した。
  4. 上記の3体ではカバルドン展開や水タイプがきつかったためカバキッスf:id:bicha_178:20200702180130p:plainf:id:bicha_178:20200702175815p:plainと相性の良いラムの実ゴリランダーf:id:bicha_178:20200702175827p:plainを採用。
    飛行の一貫を切りつつ、構築に必須の水枠として水ロトムf:id:bicha_178:20200901040539p:plainと相性が良く選出画面段階で、高い圧力をかけることの出来るエースバーンf:id:bicha_178:20200702175803p:plainを採用し裏選出としてミトムバーンf:id:bicha_178:20200901040539p:plainf:id:bicha_178:20200702175803p:plainを用意した。

【コンセプト】

  • 基本選出のカバキッスドラパf:id:bicha_178:20200702180130p:plainf:id:bicha_178:20200702175815p:plainf:id:bicha_178:20200901035902p:plainを信じる。
  • トゲキッスf:id:bicha_178:20200702175815p:plainの役割が多いため試合展開により柔軟にプランをたてていく。
  • 珠ドラパルトf:id:bicha_178:20200901035902p:plainによる初手ダイマックスから対面的に殴り勝つ。
  • 裏選出のミトムバーンf:id:bicha_178:20200901040539p:plainf:id:bicha_178:20200702175803p:plainによるサイクルからAceポケモンを通す。

【個体解説】

※採用順

トゲキッス

 

f:id:bicha_178:20200702173908p:plain

性格:臆病

特性:天の恵み

実数値:192(252)-×-115(0)-141(4)-135(0)-145(252)

持ち物:食べ残し

技構成:エアスラッシュ/悪巧み/欠伸/守る

-調整-

H:16n

C:余り

S:最速

構築の核そしてAce①。

持ち物は回復ソースであり、"エアスラッシュ"の怯みや"欠伸・守る"と相性の良い食べ残し。

「Hライン」は多くの攻撃を耐えるためと食べ残し効率を考え振り切り。

「Sライン」は環境にトゲキッスの使用率が高く(S9は2位)なるべく上から行動したいため最速。

構築経緯で述べたように『Ace』+『サポート』+『ダイマ枯らし』と多くの役割をこなしていける。

このポケモンを上手く動かしていくかで試合の勝率が左右されるので、HP管理は大切に行いながらも、"守る"は読まれにくいため隠しておくようにした。

この技構成は読まれることがなく、悪巧みを積んだ状態だとダイマックスを合わせにくるため"守る"や"欠伸"で相手のダイマックスをいなしたり、こちらもダイマックスをして殴り合った後に"エアスラッシュ"の怯みを押しつけていったりと強力であった。

基本選出ではドラパルトの『サポート』に徹する事が多かったが、トゲキッスの通りが良い場合はカバミトムからAce展開をしていく場合も多々あった。

来期から使えなくなるのは残念のような、相手からのエアスラの怯みに苛つかなくて良いような。

カバルドン

f:id:bicha_178:20200702171845p:plain

性格:慎重

特性:砂起こし

実数値:215(252)-132(0)-135(0)-×-136(252)-68(4)※B個体値24or25

持ち物:オボンの実

技構成:地震/吹き飛ばし/欠伸/ステルスロック

-調整-

H:特化

D:特化

S:余り

B<D:ダウンロード調整

構築の核。

ポリゴン2入りに対し積極的に選出したいためHDベースのダウンロード調整を施した。

持ち物は食べ残しをトゲキッスに渡したため確定をずらせるオボンの実を持たせた。

B個体値を下げているため意地A252悪ウーラオスの暗黒強打が(47.4~56.2%)入ってしまい、1発目低乱数でオボン未発動から2発目高乱数で倒されることが1回あったが、それ以外はきちんとオボンを食べてくれたのでオボンの実を持たせて正解だった。

ただ、ポリゴン2の冷凍ビームで良く凍ったのでそこは反省して欲しい。

 

ドラパルト

f:id:bicha_178:20200901050745p:plain

性格:意地っ張り

特性:クリアボディ

実数値:189(204)-189(252)-95(0)-×-96(4)-168(44)

持ち物:命の珠

技構成:逆鱗/ゴーストダイブ/鋼の翼/龍の舞

-調整-

H:10n-1

A:特化

D:端数

S:最速100族抜き

B<D:ダウンロード調整(努力値4余り)

  • H244B4ポリゴン2に+1ダイドラグーンがステロ込み確定1発(104.1~120.9%)
  • H244B4トゲキッスにダイスチルが確定1発(100.5~119.8%)

構築のAce②。

持ち物は負荷をかけるため命の珠を持たせた。

「Hライン」はなるべく多く振りたいため珠ダメージ最小の最大ライン。

「Aライン」はHDポリゴン2をステロ込みで落としたいため特化。

「Sライン」は最低ラインの最速100族抜きまで確保。

ドラゴン技として"逆鱗"を採用した理由としては、HDポリゴン2意識や基本的に龍の舞を積みダイマックスを切っていくor初手ダイマックスをしていくことが多く"ドラゴンアロー"を素で打つ機会が構築上さほど無かったため。

サブウェポンはジバコイルアシレーヌ意識で"ゴーストダイブ"とB上昇とH244B4トゲキッスを確定で落とせる"鋼の翼"を採用した。

S9中盤はSラインを最速エースバーン抜きまで確保しASベースで使用していたが、相手のダイマックス技や先制技を考えるとHAベースで正解であった。

火力が病みつきになった。

ゴリランダー

 

f:id:bicha_178:20200702161244p:plain

性格:意地っ張り

特性:グラスフィールド

実数値:192(132)-187(196)-110(0)-×-90(0)-128(180)

持ち物:ラムの実

技構成:グラススライダー/アクロバット/10万馬力/剣の舞

-調整-

H:16n

A:11n

S:準速75族抜き

 

構築のAce③。

カバキッスドラパがきつい水ポケモンへの牽制と欠伸展開に対する解答として持ち物はラムの実を持たせた。

調整ラインは綺麗に収めただけで特に意図はない。

また、カバキッスとの相性も良く出した試合では必ず活躍してくれた。

 

ウォッシュロトム

f:id:bicha_178:20200901055902p:plain

性格:穏やか

特性:浮遊

実数値:157(252)-×-142(116)-126(4)-158(132)-107(4)

持ち物:後攻の尻尾

技構成:ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/鬼火/トリック

-調整-

H:特化

B:陽気A252珠エースバーンのダイアタック威力150確定耐え(84.7~99.3%)

 陽気A252鉢巻悪ウーラオスの暗黒強打確定耐え(82.8~98.0%)

C:端数
D:余り

S:端数

構築の補助枠。

持ち物は最初拘りスカーフHCS型で使用していたが、使用していく内にクッション性とストッパーとしての役割を構築で担ってもらいたいと思ったため後攻の尻尾を持たせた。

「Hライン」は耐久を最大まで確保したいのでぶっぱ。

「B・Dライン」はBラインを最低限確保し残りをDに回した。

後攻の尻尾型に変えたことにより選出率が異常に上がったポケモン

初手に出し後攻ボルトチェンジをしながら有利対面を作ったり、初手のエースバーンなどの攻撃を耐え後攻の尻尾を押しつけ鬼火で機能停止にさせたりと初手性能が高かった。

またこちらが初手ダイマックスを切った後に、後発から相手のダイマックスをいなすこともでき勝率を上げることに活躍してくれた。

2050~2090をウロウロしていた際は、ほぼ試合に出しており基本選出が崩れかかった要因でもある。

配分は正直HB特化にした方がA252珠エースバーンのダイジェット+ダイナックルを耐えるので、ダイジェット読みで後投げから切り返しがきかせることが出来るので良いと思う。(ポリゴン2対面を考えるとHBDベースにせざるを得なかった)

エースバーン

f:id:bicha_178:20200702165323p:plain

性格:陽気

特性:リベロ

実数値:187(252)-153(132)-102(52)-×-103(60)-155(12)

持ち物:カゴの実or突撃チョッキ

技構成:飛び跳ねる/飛び膝蹴り/(ビルドアップ/眠る)or(不意打ち/アイアンヘッド)

-調整-

H:特化

A:なるべく高く

B:陽気A252珠エースバーンの飛び膝蹴り最高乱数切り耐え(83.9~100.0%)

D:控えめC252ポリゴン2のトライアタック確定3発(40.6~48.1%)

S:最速ドリュウズ抜き

B<D:ダウンロード調整

構築のAce④。

持ち物は、最終日前日まではカゴの実を使用しミトムの起点作成からビルドアップ展開をしていたが、トゲキッスと打ち合えるチョッキ型の方がサイクルに参入させやすかったりと利点もあったので、最終日はチョクチョク持ち物を変えて潜っていた。

「Hライン」は耐久を確保するため特化。

「Aライン」はなるべく火力を落とさないように高く。

「B・Dライン」はダウンロード調整をしながらも良くある調整。

「Sライン」は構築でドリュウズがまあまあ辛かったのでこのラインまで。

言うこともない最強ポケモンであり、耐久に多く努力値を割くことで最低限のサイクルをしていける。

カゴの実:ビルドアップを積んで体力を前回にしダイマックスを切っていく。読まれにくく良く決まったが、2ウェポンなのが欠点。

突撃チョッキ:トゲキッスに滅法強くダイマックス補正もありサイクル参入させやすかったが、ビルドアップがないため素の火力は控えめ。ただ、4ウェポン使用でき先制技が優秀だった。

【選出パターン】

1.f:id:bicha_178:20200702180130p:plain+f:id:bicha_178:20200702175815p:plain+f:id:bicha_178:20200901035902p:plain

基本選出。カバキッスで荒らした後にドラパルトを通していく。

2.f:id:bicha_178:20200702180130p:plain+f:id:bicha_178:20200702175815p:plain+f:id:bicha_178:20200702175827p:plain

相手のカバルドン展開やトゲキッスの刺さりが良い場合の選出。サイクル下でトゲキッスかゴリランダーのどちらを通すか試合展開を決めていく。

3.f:id:bicha_178:20200901035902p:plain+f:id:bicha_178:20200901040539p:plain+(f:id:bicha_178:20200702175803p:plainorf:id:bicha_178:20200702175827p:plainorf:id:bicha_178:20200702175815p:plain)

初手ダイマックス選出。ドラパルトで崩しミトムで切り返しを行いラスト1体で詰めていく。

4.f:id:bicha_178:20200901040539p:plain+f:id:bicha_178:20200702175803p:plain+(f:id:bicha_178:20200901035902p:plainorf:id:bicha_178:20200702175827p:plainorf:id:bicha_178:20200702175815p:plain)

裏選出のミトムバーン。ミトムとエースバーンで回し残りの1体を要所で刺していく。

最終日2050~2090帯で良くしていた選出。

 

【選出率】

f:id:bicha_178:20200702175815p:plain>f:id:bicha_178:20200901035902p:plain>f:id:bicha_178:20200702180130p:plain=f:id:bicha_178:20200901040539p:plain=f:id:bicha_178:20200702175803p:plain>f:id:bicha_178:20200702175827p:plain

 

【おわりに】

f:id:bicha_178:20200901150405j:plain

f:id:bicha_178:20200901150420j:plain

YouTubeで紹介したドラパルトが活躍させることが出来良かったです。

ただ、回線切れで落とした試合も何戦かあり虚無になったので、来シーズンまでには回線を絶対に変えたいと思います。

来シーズンから新しいルールで環境も変わると思うので、育成論や対戦動画をYouTubeにどんどんUP予定です。

良かったらチャンネル登録をして頂けると嬉しいです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

TN:Fizz 最終112位/rate2064

※環境が変わるのでレンタルPTは公開しません。

f:id:bicha_178:20200901150457j:plain

 

【S7使用構築】最終24位/rate2096 -対面ゴリラバーン+カバギャラ-

f:id:bicha_178:20200702154257p:plain

【はじめに】

はじめまして。YouTubeでマイペースに動画投稿しているびちゃです。

シーズン5まではランクマッチenjoy勢として楽しんでいましたが、今シーズンはYouTubeを始めたこともあり結果を残したいとい思いのもと、頑張って取り組みました。

YouTube

www.youtube.com

構築記事を書くのは初めてなので、拙い文章だと思いますがご了承ください。

 

【構築経緯】

  1. S7から解禁された夢特性のゴリランダーf:id:bicha_178:20200702175827p:plain(グラスフィールド)とエースバーンf:id:bicha_178:20200702175803p:plain(リベロ)が強力であり性能が高く感じたので、この2体をまずは構築に組み込むことにした。
  2. 色々な型を使った中でこの2体は対面性能が高く好感触だったグラスシードゴリランダーf:id:bicha_178:20200702175827p:plainと襷エースバーンf:id:bicha_178:20200702175803p:plainを組み込み対面寄りの構築にすることにした。
  3. また、環境トップのエースバーンf:id:bicha_178:20200702175803p:plainに強く、先制でダイマックスを切って制圧できるポケモンを探していたところ、意地A252の珠ギャラドスf:id:bicha_178:20200702175711p:plainを受けるポケモンが少なく環境にも刺さっていたので、採用することにした。
  4. ギャラドスf:id:bicha_178:20200702175711p:plainと相性が良く、展開もでき怠ける持ちのHBオボンカバルドンf:id:bicha_178:20200702180130p:plainを採用、相手のダイマックスに対するストッパーとしてゴーストダイブ持ちのASアッキミミッキュf:id:bicha_178:20200702175841p:plainを採用した。
  5. ラストの枠は最終日まで色々試していた(残飯ラプラス・弱保ラプラス・残飯ジュラルドン・チョッキジュラルドン等)が、最終日はギャラドスf:id:bicha_178:20200702175711p:plainが辛い特殊ドラパや速いロトムにも強めでダイマックス補正のあるチョッキトゲキッスf:id:bicha_178:20200702175815p:plainを添え構築が完成した。

【コンセプト】

【個体解説】

※採用順

ゴリランダー

f:id:bicha_178:20200702161244p:plain

性格:意地っ張り

特性:グラスフィールド

実数値:192(132)-187(196)-124(108)-×-91(4)-114(68)

持ち物:グラスシード

技構成:グラスライダー/ドレインパンチ/10万馬力/剣の舞

 

-調整-

H:グラスフィールドの回復力最大の16n

A:11n

B:残り

D:端数

S:準速60族+2

 

-耐久目安-

HB:↑1で陽気A252珠エースバーンの火炎ボール(82.8~98.9%)確定耐え

↑2意地A236ミミッキュのじゃれつく(44.2~53.1%)をグラスフィールドの回復力込みで2耐え

HD:臆病C252サザンドラの大文字(84.3~100%)最高乱数以外耐え

 

・今回のMVP。耐久力はアッキミミッキュの上位互換。基本後発に残しておいていた。技構成は先制技にもなるグラスライダー、剣の舞とドレインパンチは確定でラストの枠は10万馬力を採用した。10万馬力は相手のエースバーンが火炎ボール・ダストシュート・アイアンヘッドなどを撃ってきた場合に抜群がとれるし、炎タイプに対する打点として優秀。また、パッチラゴンやドヒドイデギルガルドにも刺さった。ゴリランダーミラーの際にアクロバットが欲しくなった場面もあったがそれ以上に10万馬力で拾った試合が多かったのでこの構成で良いと思う。

エースバーン

 

f:id:bicha_178:20200702165323p:plain

性格:陽気

特性:リベロ

実数値:155(0)-168(252)-95(0)-×-96(4)-188(252)

持ち物:気合いの襷

技構成:ダストシュート/飛び膝蹴り/火炎ボール/不意打ち

 

-調整-

A:特化

D:余り

S:最速 

 

・命中安定技が相手依存の不意打ちだけだが、なんと技外し梨というの自覚がある子。(ダストシュート20回以上は打ってるのにな笑)技構成は先制技の不意打ちと最高打点の飛び膝蹴りは確定。構築的に炎打点が欲しかったので火炎ボール。残りはアイアンヘッドやカウンターも使用してみたが、HBアシレーヌに引かれることが多くで分からせるために最終日はダストシュートを採用した。何体ものアシレーヌトゲキッスを葬ることができたので採用して良かった。技外しもせずなんなら5割位の確率で毒にしていた。

ギャラドス

 

f:id:bicha_178:20200702170523p:plain

性格:意地っ張り

特性:威嚇

実数値:171(4)-194(252)-99(0)-×-120(0)-133(252)

持ち物:命の珠

技構成:滝登り/飛び跳ねる/パワーウィップ/龍の舞

 

-調整-

H:余り

A:特化

S:準速

 

・エースバーンに殴り勝つため特性は威嚇。非常に通りが良く初手ダイマックスやカバルドンで起点を作り竜舞を積み制圧する試合が多かった。サブウェポンは水タイプ(ミトムやアシレーヌラプラス)に強くでれる草技を採用。普通にダイマックス切るだけで強い。言うことはなし。

カバルドン

f:id:bicha_178:20200702171845p:plain

性格:腕白

特性:砂起こし

実数値:215(252)-132(0)-187(252)-×-93(4)-67(0)

持ち物:オボンの実

技構成:地震/怠ける/欠伸/ステルスロック

 

-調整-

H:特化

B:特化

D:余り

 

・エースバーンに強くでるためHB特化。技構成は打点として地震、物理に対し受けをきかせるため回復技の怠ける、起点サポートのためのステロ欠伸。カバルドンは最終日前日に達人の帯を持たせアタッカー型として少し試してみたが、それよりギャラドスのサポートをする方が強かったので最終日はHBかに戻しました。前日にマッチした方が初手ダイマックスよみで引いてきたりして、簡単に試合運びができた試合も何戦か。

ミミッキュ

f:id:bicha_178:20200702172805p:plain

性格:陽気

特性:化けの皮

実数値:131(4)-142(252)-100(0)-×-125()-162(252)

持ち物:アッキの実

技構成:じゃれつく/ゴーストダイブ/影打ち/剣の舞

 

-調整-

H:余り

A:特化

S:最速

 

・普通のASミミッキュにアッキの実を持たせた。対面性能の塊。ゴーストダイブで相手のダイマックスターンを枯らしたり、カバギャラで荒らした後にダイマックスミミッキュを通していったり安定の活躍でした。 

トゲキッス

f:id:bicha_178:20200702173908p:plain

性格:控えめ

特性:天の恵み

実数値:179(148)-×-116(4)-187(236)-136(4)-115(116)

持ち物:突撃チョッキ

技構成:エアスラッシュ/マジカルシャイン/火炎放射/原子の力

 

-調整-

H:余り

B:端数

C:11n

D:端数

S:準速60族+3

※サックーさんの記事の調整をそのまま使用しました。

【S5最終2位】ドラパミミスタンダード - サックーのブロマガ

白い悪魔。ヒトムナットやロトム系統、特殊ドラパの処理が難しかったので良いポケモンは居ないかと探していたところ、サックーさんの記事でチョッキトゲキッスを見つけ使用したところ好感触だったので最終日に使用した。チョッキはダイマックスとも相性が良く使い勝手が良かった。そして、安定のエアスラッシュ怯みで拾った試合も多く体感8割くらい怯ませていたと思う。

・ここの枠は受ける対策で残飯ラプラスやジュラルドン、ダイマックスエースとして弱点保険ラプラス・チョッキジュラルドンなど色々変えていたのでもっとこの枠には適任のポケモンが居るかもしれない。

 

【基本選出】

1.f:id:bicha_178:20200702175711p:plainorf:id:bicha_178:20200702175737p:plain+(f:id:bicha_178:20200702175803p:plainorf:id:bicha_178:20200702175827p:plainorf:id:bicha_178:20200702175841p:plainから2体)

基本選出。初手ダイマックスで数的有利や場を荒らした後に、対面性能が高い残り2体で倒しきる。基本はダイマックス要因としてギャラドスを選択し、ヒトムナットや特殊ドラパなどにはトゲキッスを選んでいく。

2.f:id:bicha_178:20200702175803p:plain+f:id:bicha_178:20200702175841p:plain+(f:id:bicha_178:20200702175711p:plainorf:id:bicha_178:20200702175815p:plainorf:id:bicha_178:20200702175827p:plain)

アシレーヌ+草タイプ(ナットレイやゴリランダー)など襷エースバーンが刺さっている場合の選出。HBアシレーヌなどでエースバーンを見てくる選出にはeasy winが狙える。

3.f:id:bicha_178:20200702180130p:plain+f:id:bicha_178:20200702175711p:plain+(f:id:bicha_178:20200702175827p:plainorf:id:bicha_178:20200702175841p:plain)

1.の初手ダイマックスで倒しきるのが難しそうな場合や普通にカバギャラが刺さっていそうな場合に選出した。

 

【おわりに】

f:id:bicha_178:20200702181610j:plain

f:id:bicha_178:20200702181615j:plain


 ・今シーズンは最低でも2桁順位、目標をレート2100達成としましたが、僅かに届かず少し悔しい結果となってしまいました。

来シーズンから新しいポケモンが解禁され、新たな環境となるので真剣にそして楽しくポケモンをしていきたいと思います。

YouTubeの活動も積極的に行いランクマッチ対戦動画や育成論の紹介などをやっていきたいと思うのでチャンネル登録をして頂けると嬉しいです!

(最終日の動画ファイル全部消えてて悲しみ。。。前日に撮った動画は後日UP予定です!)

シーズン8はサブROMも作成して2ROM体制で一桁順位を目標にしていきます。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

TN:びちゃ 最終24位/rate2096

f:id:bicha_178:20200702154257p:plain